大阪人のひとりごと。レベル増す大阪弁の表現って?

   2016/03/08

言い方によってレベルを増す場合があるのが大阪弁。

 

 

例えば、

汚い<きちゃない。

 

きもい<きしょい。

 

 

これ、不思議よなあー。

 

て、もしかして〝きもい〟がわからんかったりしはれへんよなあ?

他府県の人たち・・・。

 

 

 

ちょっと違うけど、

ある友人仲間で、

日本語で一番響きがきちゃない言葉はなんやって討論になった。

 

結果、

 

最終的に選ばれた言葉は

 

〝汁〟の漢字の「じる」

 

 

なるほど。

 

じる な。

 

たしかにきちゃない。

 

汁の前に

〝しじみ汁〟とか〝あさり汁〟とかゆうふうに

なんかつけたらそんなことないねんけどな。

 

そういや、汁を〝しる〟って読むのんて〝みそ汁〟くらいよなー。

ほか、なんかあったっけ???

 

 

さらにそういや、

 

昔、塾のおばあちゃん先生、〝けいこ〟が

 

中一で習いたての英語の授業の時、

 

「ペンシル」  と、しっかりカタカタ的に読んだ生徒に

 

 

「あんたら!

 

ぺんしるぅぅ〜〜〜〜〜  て、どんな汁やねん!

 

ペンスィル!  や!  あほぅ。」

 

 

とめっさ怒ってたなー。

 

 

・・・。

 

 

あれ?

 

今回ってなんの話してたっけか????

 

 

 

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。