大阪弁講座。〝ひん〟と〝へん〟の使い分け方。〝ケーキ食べひん?〟はおかしいで!!

   2015/09/30

大阪弁て難しいのかな?どう?

昔よりずっと大阪弁は全国に免疫を付けてると思うねんけど。

それでも多府県の人はやっぱよくみんな発音も使い方も間違えてる。

意外と難しいのは、

〝ひん〟と〝へん〟の使い方。

 

正解『ケーキ食べへん?』

不正解『ケーキ食べひん?』

 

正解『テニスしーひん?』

不正解『テニスしーへん?』

※でも、『テニスせーへん?』は正解。

 

ややこしい?

ややこしいよな。そうやと思う。

この使い分けにはなんか規則があんのかなー。

そんなん教えられたことはないなあ・・・。

英語の母音の前は『The』〝ジ〟って読むのと々くらい自然なことなんやと思われる。

母音でちょっとひらめいたかも。

前の文字の母音と同じ音を選べばいいんじゃない?もしかして。で、基本はサ行!!

〝食べ へん?〟の〝べ〟の母音は〝え〟。だから後ろもサ行の〝え〟が母音の→〝へ〟→〝食べへん?〟

あ、ちゃうわ、あかん。

次に〝噛まへん〟を例に出そうとしてんけど、

さっきの法則でいったら〝噛ま〟の〝ま〟の母音は〝あ〟。→サ行の〝あ〟の母音→

 

〝噛まはん?〟

 

噛まはんてww

 

『お前はん、噛みやしないのかい?』って言おうとして言葉ごっちゃなったみたいやん。

あっかんわー。

法則が2秒で崩れたわ。

よわっ。

 

奥が深いよ、大阪弁。

 

 

※読んでくれてありがとう、

良かったら他の記事も読んでってな☆

でんがなまんがな、ナンシーノより。

http://osakapress.com

 

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。