大阪で生まれた回転寿司。回転スピードの話。

   2015/09/03

せっかちの大阪人から生まれたもんは世の中に色々あって、

自動改札もそうやし、歩くエスカレーターもそうやしインスタントラーメンもそう。

どれも先を急ぐ(ってゆうてもその先に大阪人の場合は用事はない)

時間短縮したいがための合理的な発明と言える。

その中でもせっかちな大阪人が、

スピードを今の早さによう落ちつけれたなと思うのは回転寿司。

これも大阪で生まれてんけど。

通常は1分間に40枚通り過ぎるくらいの速さ。

分速6mくらい。人間が落ち着いて判別できる速さらしい。

調べたら回転レーンはスピードを変えられるみたいやわ。

最速にした動画とか見てみたけどほんま速い。

めっちゃおもろいけどな。

 

sushi

でも、関西と関東で比べたら関西の方が回転スピードがちょっと速い店が多いって噂。

とはいえ、さすが天下の台所、大阪。

そこまで速くしたらめっちゃおもしろいことは明らかやけど、

天下の台所の料理人の魂、ネタを没にしてまう節約商人の魂は、

お笑いの魂に勝つことはなかったみたいやわ。

冷静に考えたら正解を選べるやん、大阪人!

 

ま、でもたまには取られへんくらい速い店あってもおもしろいけどな。

正味速くて取られへんし、

食べれてもネタ乾いてて美味しくないやろうから商売上がったりやけどな。

 

 

※読んでくれてありがとう。

良かったら他の記事も見てってな☆

でんがなまんがな、ナンシーノより。

http://osakapress.com

 

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。