夏がもーすぐ終わるこのタイミングで蚊の話。

   2015/09/03

本場の夏の昼は暑すぎてここ数年、昼間よりちょっと気温が下がった夕方以降に蚊にかまれることが多くなってきた気がせーへん?

 

そう!そこ!

今回のお題は今んとこにあんねん。

〝蚊にかまれる〟。

みんな蚊になにされること、なんて言う?

たぶん種類的には

〝蚊に噛まれる〟

〝蚊に刺される〟

〝蚊に食われる〟

とかやと思うねんけど。

発声してるときがあまりに自然過ぎていざ「なんて言ってる?」って聞かれたら思い出されへん系の言葉よな、これ。

ここでもお馴染みのMyおかんに聞いてみる。

「刺される!やな。食われるて動物ちゃうねんから!」

さすが。

NHKの『生きもの地球紀行』を欠かさず見てるおかんは言うことちゃうわ。

lion

 

でもちょっと意外やった。

〝噛まれる〟ってゆってる気がしててんけどなー。

 

意味合い的には〝噛まれる〟もカプッと感があって違う。蛇みたいやもんな。

〝食われる〟も、生きもの地球紀行やし違うやん?

それやのに全部がまん延してるのは不思議な話で。

日本語は奥が深いな。

(大阪弁とかのちっちゃい範囲の話ちゃうよな?と思って日本語とくくってみた。間違えてる??)

 

※読んでくれてありがとう。

良かったら他の記事も見てってな☆

でんがなまんがな、ナンシーノより。

http://osakapress.com

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。